このエントリーをはてなブックマークに追加

ピッチングフォームの改良には何が必要なのか?

正しくないピッチングフォームになってしまった場合、改良する為の練習方法についてどのようなことをすればよいのか?良いフォームを作り上げるにはどんな練習が良いのか?これから成長していく子供を持つ指導者・両親にとって、間違った道へ進めさせない為にもこれからお話する事は必要でしょう。

 

通常、「よいフォーム」とされているのは、「タメが出来ている」「投球動作が滑らかで腕のしなりがある」「投球テンポが良い」「腕の振りがよい」と言うような表現をされます。これらが備わっている投手こそがバランスのとれた良いフォームと言えます。

 

ただ、これらを備えるには普段の練習をしていても、そうなかなか習得できないというのが現状ではないでしょうか?

 

なぜそこまで、投球フォームに固執し練習に時間を割くのか?まずは根本的な所から考えてみます。

 


Sponsored Link

投球動作の正確性は失点を防ぐ最大の防御

基本的に投手に限らず、野球と言うのはどんなポジションでも「投げる動作」が超重要です。なぜなら、送球ミスが即失点に繋がるからです。野手なら進塁を許してしまいます。投手なら、四死球でランナーを出してしまう、失投で甘いボールなら打たれてしまうなどですね。

 

だから、投手も含めて「しっかりとボールを投げること」が出来るチームは失点が少なくなります。1試合を通じて完璧に投げられればそう打たれることも無いですし、ランナーが出ても自滅する事もありません。

 

本当に重要なポイントです。ピッチングフォームを修正し良いボールを投げることと同時に、ミスの無い野手の送球フォームも確立する必要があります。

 

投球動作が完璧に出来れば自分達で失点する可能性は限りなくゼロに近づきます。野手は野手でまた別に解説していきます。ここでは、ピッチャーの投球フォームについてです。

理想のピッチングフォームとは?打たれないフォームとは?

ピッチャーであれば誰もが追い求めるのが理想のピッチングフォーム。理想のピッチングフォームというのはどういうものか?それは「打たれないボールを投げられるフォーム」です。

 

力を最大限ボールに伝える事が出来るようにしっかりとタメが出来ており、踏み込み足でしっかりとを作る事で伝達するパワーを一気に巻き上げ、腕に負担の少ない振り方で、溜め込んだパワーをボールへ一気に放出していく。

 

タメと言うのは、投げる時に重心が軸足の付け根とお尻の辺りに来る事で、踏み込んだ時には上体が突っ込まずに残っている状態が出来る事で生まれます。

 

が無いと、踏み込みと同時に体が投球動作に入り開いてしまうと力が分散してしまいます。だから、よく聞きませんか?「左肩(左投げは右肩)が開いている」「投げる瞬間顔が外を向いている」などのように。その状態の時は、完全に壁が出来ていない状態です。

 

理想は踏み込みしてもグローブを持つ手がまだセカンド側の方に残っているようにする事です。踏み込んでも我慢して肩が開かないように耐える事です。その耐えている瞬間(0コンマ何秒の世界)に一気にパワーが巻き上げられています。

 

ピッチングと言うのは一連の動作を滑らかにすることが重要です。

 

ですので、軸足のタメが必要な下半身から踏み込み後の壁を作る上半身までの動きを説明しましたが、ここまでが滑らかに正しいフォームとなっていれば、腕の振り方にも各ポイントはありますが最低限の動作となっていてスムーズに腕は出てきます。

 

理想のピッチングフォームを手に入れる為には下半身から上半身へパワーを余すことなく伝達できるフォームが必要です。その理想のピッチングを身に付けたいと言う場合は、やはりプロの指導で学ぶのが一番です。

 

そうは言っても、直に学ぶ事は出来ませんし時間もかかります。そういう時にはこちらのプロの指導が学べるDVDで時間を短縮し身に付ける事をオススメします。

 

プロ野球選手になれるDVD

 

 

 

 

Sponsored Link

ピッチングフォームの改良と正しい投球フォームを習得する方法関連エントリー

プロに行くためのピッチングフォームを学ぶDVD
プロ野球選手になる為の秘訣、プロ野球投手になる為の知識、プロに行くためのピッチングフォームを学ぶDVDについて詳しく紹介しています。