このエントリーをはてなブックマークに追加

ピッチングで大切なこと

プロ野球の投手が常に気にしていることは何だと思いますか?これはピッチングにおいてとっても大切な事です。才能だったり体格も大事と言えば大事な要素ですが、それだけあっても決してプロ野球選手になれる訳ではありません。ピッチングで大切な事と言えば...

 

「今持っている身体能力を100%出せるかどうか?」

 

が大切です。

 

それには体の使い方=ピッチングフォームが最も重要です。

 

投手のフォーム


Sponsored Link

あなたのピッチングフォームは力が伝わっていないフォームではないですか?

投手のフォームが良くない時に表現される言葉として、

  • 体が突っ込む
  • 開きが早い
  • 肘が下がっている
  • 前に乗っていけない

 

こんな言い方をされています。

 

例えば、あなたの筋力は周囲の選手以上持っているとして、全力のストレートを投げます。自分の筋力よりか少ない筋力の選手よりも全然スピードが出ていなく、バコンバコン打たれてしまっています。

 

あるいは、効き腕で全力でボールを投げた後に、反対の腕で全力で投げてみてください。ヘロヘロ〜としたボールしか投げられないです。

 

こういう時が「力が伝わっていないフォーム=良くないフォーム」です。

 



ピッチングフォームを改良する方法

投手としてプロ野球選手になるフォームとは?

どうすれば力が伝わるフォームなのか?投手としてプロ野球選手になるフォームとはどういうフォームなのか?どんな練習をしていけば良いのか?いわゆるピッチング理論をご紹介します。

 

それは、

 

・下半身、足の先から指先まで全ての力をボールにぶつけるイメージ
・体中の関節、足首やひざの使い方、骨盤や肩甲骨から力を逃さない為に意識を常にする
・体内にブレーキをかけない滑らかな動きをする

 

言葉で並べると非常に難しいです。これらを全て意識して練習出来る選手と言うのは、おそらく極々一部です。また、出来る選手がプロ野球選手へとなっていきます。だからこそ、子供の頃から意識して出来るようになれば、ピッチングは急激に伸びていきます。

 

常にイメージして練習をする必要がありますが、何度も言いますがそこが難しい点です。そこで、イメージだけでなく自己練習をする為の具体的な練習方法が学べる物があります。それがTOPページにある「投手としてプロ野球選手になる方程式」です。DVDなのでかなりイメージし易く解説されています。

 

プロ野球選手になれるDVD

 

 

 

 

Sponsored Link

プロ野球選手から学ぶ今すぐ出来るピッチング理論記事一覧

 

エースとして活躍したい!プロ野球選手になりたい!頑張っている子供をプロへ行かせたい!制球力を付けたい!↓↓↓プロに行くためのピッチングフォームを今すぐ学ぶ

 
 

正しくないピッチングフォームになってしまった場合、改良する為の練習方法についてどのようなことをすればよいのか?良いフォームを作り上げるにはどんな練習が良いのか?これから成長していく子供を持つ指導者・両親にとって、間違った道へ進めさせない為にもこれからお話する事は必要でしょう。通常、「よいフォーム」とされているのは、「タメが出来ている」「投球動作が滑らかで腕のしなりがある」「投球テンポが良い」「腕の...