このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球選手を目指すのがあなたなら

まずプロ野球選手になる為にはどういう順序・流れでなれる?という事は理解していますでしょうか?ゴールを見据える事です。

 

プロ野球選手になる為の方法として選択肢は2通りしかありません。ご存知通り「ドラフトで指名を受ける」方法と、「入団テストを自分で受けて受かる事」です。一番最初に入る道では、コネとか知り合いとか一切関係ない、実力勝負の世界です。

 

ですので、あなたが選手だとすれば「所属チームで実績を残してスカウトに注目されるか?入団テストで受かるか?」です。どちらにしろ、必須なのは努力です。言うまでもなく。

 

ドラフトにかかるか?の場合は、多少の運も左右されるでしょう。あくまでも多少です。というのも、所属チームが強豪ですぐ注目を浴びる環境であればいち早く見つけてもらえる可能性が高くなります。

 

しかし、強豪でなければ注目されないのか?と言うとそうでもなく、スカウトの人と言うのは物凄く目を光らせていますので、どんなに弱いチームに属していてもあなたにそれだけの秘めたる才能・実力があれば嗅ぎつけて見にくるでしょう。

 

よくドラフトでもいますよね?下位指名ではあるけど無名の高校から出てくる選手。だから、注目の有無は多少の運程度で遅かれ早かれはありますが、肝心なのは「あなたの実力」だと言う事を忘れないでください。

 

そこさえズレなければ、仮にドラフトにかからなくても自分で入団テストを受ければきっと認めてもらえるはずです。

 

Sponsored Link


今から何をするべきか?

どちらにしろあなたに必要なのは「実力」だと言う事は当然だったでしょうが、再認識されたと思います。そうなると今から何をすれば良いのか?という話へ移っていきます。

 

あなたがもし、既に青年(大学生・社会人)であればもうやることは限られてきます。おそらく、プレーヤーであれば、プロ野球選手になれるかどうか?というのが自分のボーダーラインすれすれの場合は、もう何をすればよいのか?は自分で分かっているはずです。少し酷な言い方ですが、この時点で「何をすればよい?」と考える程度では諦めた方が良いでしょう。

 

今の時点で、足りない物が分かっていなければそれだけ実力がかけ離れているとも言えますし、足りない事だらけでしょうからそれを今から埋め合わせる時間が限られるからです。

 

逆に、もう分かっている人であればそれをつきつめて実行するだけです。体さえ伴えばと思えば大きくするだけですし、細かい実力についてであれば練習あるのみです。

あなたがまだ中学・高校生なら?

当然、高校生より中学生、中学生より小学生の方がまだ間に合う可能性は高いです。ここでは、技術の話というよりかは生活についてまとめます。

体作り

プロ野球選手というのは、見た事がある方なら分かると思いますが、あなたが想像しているよりも2〜3倍の大きい体だと思って下さい。テレビで見るよりも遥かに大きな体をしています。

 

そして、あの強靭な体というのは、ただ単に筋トレをすれば良いという単純な理論で出来た体ではありません。あの厚みのある体はきちんと考えられたトレーニングがあります。

 

プロ野球選手にはプロ野球選手として通用する体作りがありトレーニングがあります。これは、通常のアマチュア(高校生)レベルで知り得ない、トレーナーも専門知識を持ったプロが考える練習方法です。

 

ただ、年齢が若いあなたがそれを行っても、体の発達が追いついていないのでむしろやってはいけない事でもあります。今出来る範囲の中でのMAXの筋トレ(怪我しない程度)で十分です。
それよりも、食事。これだけは絶対に欠かしてはいけません。両親に何が何でも注意させてください。

 

・量を増やす(3食の量、回数を増やす)
・炭水化物・たんぱく質を増やす
・間食してもよいが砂糖、油に気を付ける(筋肉ではなく脂肪になってしまう)
・サプリメントは補食程度に考える(トレーニング後帰宅し食事まで時間かかる場合など)

 

とにかく、プロ野球選手になるような方は食べてます。ご存知か分かりませんが、帝京高校野球部の毎食「三合飯」など有名です。

 

そして、この食事というのは時間をかけて行う事だから意味があります。短期間で出来る事では無いですし、成長期にしっかりとした量・栄養を摂るから、その後の選手生命に繋がる体になっていくのです。

体作りを意識できるようになったら技術の向上

小学・中学生の内は、技術を磨く事も確かに大切ですが、どちらかと言うと食事の方に力を入れてください。6:4で食事を多めで意識しましょう。

 

基礎体力が備わっていれば、ハードな練習にも耐えられます。その分多く練習が出来るようになります。そして基礎体力を培うには時間がかかります。だから、もしあなたがまだまだ成長期を迎える方なら、しっかりと食事はサボらずに妥協せずに摂ってください。

 

しかし、そうは言っても技術も磨いていきたいとウズウズすると思います。周囲にそれだけの知識を教えてくれる人がいればそんなに心配はないでしょうが、誰しもそんな環境ではないと思いますので、そういう時は今から紹介する実際のプロ野球選手の知識を分けてもらう事で補っていきましょう。

 

野手・ピッチャー・打撃について詳しく説明されているDVDが市販されているので、それらプロ野球選手しか分からない知識を体に覚えさせていく事です。

 

理想のピッチングフォームDVD

理想のピッチングフォームDVD

Sponsored Link

プロ野球選手になる為に〜選手編〜関連エントリー

プロ野球選手になる為に〜両親編〜
プロ野球選手になる為に両親は何に気を付けて子供を育てればよい?生活はどう過ごす?食事は?などまとめてます。
プロ野球選手になるための体作り〜子供にプロテインは必要か?〜
息子さんをプロ野球選手にさせるために、食事に気を付けている、量ある食事をさせてあげている親御さんは多いです。そこで出てくる悩みが、「子供ってプロテインは飲ませていいの?」ということ。そこでプロテインはよいのか?悪いのか?まとめました。
冬場の練習は理解して考えた者が勝つ(体験談)
プロ野球でも高校野球でも冬場は練習量・過ごし方は大きく変わります。それはなぜなのか?全ては結果を残す為です。その真意を正しく理解して練習に取り組んだ者こそがレギュラーを獲得しています。そんな冬場の練習の意義についてまとめました。