このエントリーをはてなブックマークに追加

子供にプロテインは必要かどうか?まず最初に結論

スポーツジュニアの成長期の食事で多い悩みがプロテインを飲ませていいのかどうか?ということ。

 

まず結論から言うと、飲ませて良いです。

 

理由は単純、どんなに普段の食事で気を配ってもたんぱく質が足りないからです。

 

世間の噂では、「薬だから飲ませるとよくない」、「成長(身長が)止まる」というのを目にします。

 

そもそもプロテインは薬ではなく「たんぱく質を補給するためのもの」です。その名の通りプロテイン=たんぱく質の英語名のことです。

 

おそらくそう思ってしまうというのは、ボディビルダーのイメージが強すぎるから、「あんなムキムキになったら身長が伸びなくなる」というような誤解を持っているのではないでしょうか?

 

子供でもプロテインは飲んでも問題ありません。

だからと言って過度にプロテインに頼るのもNG

子供の頃の食事について一番大事なのは家庭で取る食事です。栄養士のように○gのたんぱく質を取る献立は…というように考える必要はないですが、きちんと3食バランスよく食べて足りない分は間食で補うというスタンスが絶対条件です。それとプラスして睡眠を十分にとれせてあげれば大抵大丈夫です。

 

栄養をフルコースで取るために例えばこのような食事です。1〜5までをきちんと取れればベストです。
食事
(出典:http://www.meiji.co.jp/sports/savas/

 

その上で、お子さんの練習がルーチン化されておりハードな毎日を過ごされるのであれば補助的に使うのがプロテインです。しかもそれも間食として取る程度です。

 

たんぱく質の過剰摂取は賢蔵に負担をかけてしまい、結果として体への影響が出てしまうのも確かなので取り過ぎには注意が必要です。子供の内は、いくらプロテインを取っても筋肉が大きくなることはありませんので、バランス良く食事を取って体を丈夫にするという観点で取る程度です。

では、その上でプロテインを取るとしたら?

きちんと毎日の食事も問題なく取れている。でも今できることはやってあげたいと言うのでもし飲むのであれば、ジュニア用のサプリメントが良いです。

 

ジュニア用のサプリメントであれば、たんぱく質が少量になっており他の栄養素も含まれています。

 

 

プロ野球選手になるための食事については他記事でも書いていますが、とにかく量を食べられるようになること、そして栄養と睡眠を十分に取れることです。高校生になってからではもう遅いのです。出来ないとは言いませんが。

 

プロになる人は子供のころからその意識力が素晴らしい人達ばかりです。親御さんは大変かと思いますが、こういうプロテインやサプリメントを上手く活用して負けない体作りをしてあげてくださいね。

 

Sponsored Link

プロ野球選手になるための体作り〜子供にプロテインは必要か?〜関連エントリー

プロ野球選手になる為に〜選手編〜
プロ野球選手になる為には何が必要なのか?ここではあなたが「選手」だとしてお話します。自分自身でも何が必要?これから生活はどう過ごせばよい?練習方法は?気を付ける点は?などまとめてます。
プロ野球選手になる為に〜両親編〜
プロ野球選手になる為に両親は何に気を付けて子供を育てればよい?生活はどう過ごす?食事は?などまとめてます。
冬場の練習は理解して考えた者が勝つ(体験談)
プロ野球でも高校野球でも冬場は練習量・過ごし方は大きく変わります。それはなぜなのか?全ては結果を残す為です。その真意を正しく理解して練習に取り組んだ者こそがレギュラーを獲得しています。そんな冬場の練習の意義についてまとめました。