このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もがプロ野球選手になれるのか?

小学生で野球をやっている子供であれば、プロ野球選手になりたいという夢は、必ず1度は求めるはずです。実力の有無に関わらず、自分がやっている以上そう思い描くのは当然です。また、それは誰にも邪魔されずに目指させてあげたいのが親の心情ですよね?

 

ただ、実際にプロ野球選手になっているというのは、子供時代に野球をやっていた人数のほんの一握りで、ほとんどの子供達は少しずつ自分の実力が分かるようになってくると同時に諦めているのも現実です。

 

では、今プロ野球選手で頑張っている人達は子供の時からプロ野球選手になれると認められた、あるいは球団スカウトやらプロ野球球団関係者の人達に保証されて育ってきたのか?と言うと決してそうではないでしょう。

 

むしろ、子供の頃から注目されているのは本当に数少ない例であって、ほとんどは誇張したとしても幼少の頃は地域で少し話題程度だと思います。

 

そういう意味では、子供の成長次第または親や周囲の大人の指導次第では、誰にでもチャンスはあるはずです。


Sponsored Link

間違いなく必要な練習とは?

実際に、子供がプロ野球選手を真剣に目指したいとなった時には、どんな練習が効果的なのか?絶対に外してははいけない練習は何なのか?

 

子供の頃にやらなくてはいけない練習について、確実に言える事が1つだけあります。それは【基礎練習】です。

 

子供の頃だからこそ正確に正しい基礎を身に付けさせるべきです。ここで、誤った指導で変なクセが付く事はプロ野球選手を目指す上で大きな弊害となり、致命的になりかねません。

 

例えば、ピッチャーで言えば投げる瞬間にどうしても身体が開き気味になる。周囲の子供に比べたらスピードが速いからと言ってそこだけがピックアップされ、「○○君は速いボールを投げられるから将来楽しみだ」、なんてそのまま誰にも気づかれずにヌクヌクと育ってしまうようなら将来苦しむのは本人です。

 

子供の頃なら速いだけで多少抑えられるかもしれませんが、中学・高校になるにつれその身体が開くクセが重くのしかかってきます。球は速いのにコントロールがダメ。ピッチャーでゲームを作れないのは致命的です。

 

だからこそ子供時代には、基礎となる練習を反復させる事が重要なのです。高度な練習は一切必要ありません。

どの程度の練習が必要か?

この点については正直、時間との戦いでもあるので時間が許す限りだったり、あとは子供の習熟度会いにもよると思います。

 

子供に何も苦手な部分が無くなればあとはその正しい技術をとことん刷り込ませる為に、反復練習あるのみですし、苦手な所や直らないクセがあるようであればそこを徹底的に改善させる為の時間をとる事が必要でしょう。

 

これはもう有名な話ですが、あのイチローでさえも毎晩バッティングセンターへお父さんと通い詰めてました。ここで何が凄いのか?と言うと、夜バッティングセンターへ行く前にも、実は学校が終わった後からお父さんと練習しているという事です。

 

ここはお父さんの努力が素晴らしいとも思いますが、毎日夕方からグランドへ出かけてはピッチングの練習や野手の練習、バッティング練習と自前の道具を揃えて毎日こなしていました。

 

そこからのバッティングセンターですので、もちろん晩御飯などの時間も入ると思いますが、その練習量たるものは相当なものだったのではないでしょうか?

 

全員が同じようにこなす事は不可能でしょうから、効率や自分達の環境を考慮し今出来る最善で最大のパフォーマンスを出来る練習が求められると思います。

 

プロ野球選手になれるDVD

 

 

 

Sponsored Link