このエントリーをはてなブックマークに追加

正確に力強く投げ勝利できる投球フォームとは?

コントロールを良くする投球フォームを身に付けるには?

 

ボールを離す時にボールを指で押しだすとよく言われますが、それだけではありません。必要は必要ですが。コントロールは体全体で覚える必要があります。

 

 

例えば、体重移動は樽(たる)を抱えているイメージです。両手で重たい樽を抱えていると全体重で投げなければいけませんよね?この時の体重移動の仕方が参考になります。

 

実際樽を投げる事は出来ないので、例えばタライのような両手で抱えないと投げられないような物を使っても良いでしょう。

 

もっと身近なもので言うと、敷布団を丸めたものでも良いかもしれません。一度、部屋の中でも良いので両手で抱えながらボールを投げる時のようにより遠くに投げてみましょう。この時に、どういう体重移動をしているのか?を観察することです。

 

おそらくは、肩を下げてから投げるフォームになると思います。でも、野球の指導ではよく肩が下がってはいけないと言われます。

 

しかし、実はプロ野球界の歴史を見ても、大投手と言われているプロ野球選手は投げる瞬間に方は肩が下がっています。野茂秀雄、村田兆治など(古い?(笑))。

 

今の現役で言うと、ロッテの涌井選手なんか良い例ですね。

(youtubeよりお借りしました:ベルTV その他様)

 

なぜならそれは、体全体を使って投げているからです。

 

しかし、肩を下げずに投げてしまうと横回転しか生まれず手投げになり、ボールはシュート回転してしまいます。

 

これを肩を下げてボールを持つ手を地面に付けるようなイメージで上を向くように投げると、縦回転にもなりボールに威力が増します。かつコントロールも安定します。(オーバースローの選手の場合になります)

正しいフォーム作りの丸秘テクニック

それと、よく指導では「投げる時にキャッチャーミットから目をそらすな!」とまだ言われています。しかしこれは、実はコントロールを悪くするばかりかボールの球威も落としてしまっています

 

これは、大阪大学におけるスポーツ科学の研究で明らかになっています。常にキャッチャーミットを凝視し続けていることのデメリットとして、

 

「注視することで、良いボールを投げるための自分のフォームよりも逆に意識がミットにいきすぎてしまい注意散漫になる。結果として、あごが上がったり肩に力が入ったりしがちになる」

 

と言うことが挙げられます。

では、投げる時に目線はどうすればよいのか?

 

ただ、投手の特性にもよりますが、キャッチャーミットを見ることで、「自分があそこに投げ込む」という意識が向上し、自分なりの投球フォームのバランスが取れるという選手も中にはいます。そういう場合は、無理強いすることも好ましくありません。

 

このように良し悪しが分かれるところではありますが、投げる時の目線について結論を出すとすると、

 

投げる時に目をきっても問題ない

 

と私は考えています。

 

ずっとキャッチャーミットだけを見ていると肩が開きバッターからボールが見やすくなる傾向があるというマイナス面が挙げられます。これだと、どんなに速い球を投げても打たれやすくなります。

 

この時は、ただ目をきるのではなく左肩肩甲骨(左投手は右肩)に意識を持っていきます。肩甲骨に目が付いているかのように。キャッチャーミットをその肩甲骨で見るイメージです。

 

すると肩も開かなくなるので、ボールのリリースするまではバッターは出所が見えずらくなります。

 

これまでの投手の常識が変わっていると思いますが、理にかなった技術なのでしっかり指導してみてください。

 

あと、最後に注意したいことは、そんな選手はいないと思いますが^^;最後まで目をきってしまっていると打者の打球への対応が遅れることに繋がるので、投球動作中に目をきることはあっても最終的にはしっかりとボールの行方だけは追うようにしないといけませんので注意して下さいね。

 

プロ野球選手になれるDVD

 

 

 

 

Sponsored Link